ERP導入なら

高品質・低価格・スピーディーな
WINGSのERP導入支援サービス

What is ERP?

ERPとは

ERPとは、「Enterprise Resource Planning」の略で、日本語で直訳すると「企業資源計画」になります。近年は「EPR=基幹システム」という認識が一般的になっていますが、厳密にいえば企業資源(ヒト・モノ・カネ・情報)を一元管理し、有効活用し、リアルタイムで経営判断を行う概念およびコンセプトです。ちなみにEPRは、生産管理の手法「MRP( Materials Requirements Planning/資材所要量計画)」に由来しています。EPRは、MRPを会計や人事といった管理業務まで拡大し、一般企業に展開したものです。


そしてEPRという概念を実現するために生まれたITシステムが「EPRシステム」「EPRパッケージ」「業務統合パッケージ」「統合基幹業務システム」などです。呼び方はさまざまですが、部門・業務間での情報を統合および一元管理し、企業の“今”を正確かつリアルタイムで把握し、経営戦略に役立てるためのツールです。目まぐるしく変化する現在の企業経営では、業務の効率化とスピーディな経営判断のために必要不可欠なツールとなっています。


具体的にEPRシステムでは、「人事・給与管理」「販売管理」「購買管理」「会計管理」「営業管理」などの情報を一元管理します。対する従来の基幹システムは、生産管理や販売管理、在庫管理など、それぞれが独立したシステムとして構築されています。EPRシステムは、そんな企業内でばらばらに散らばった基幹システムや業務システムの情報を統合管理するツールというわけです。

ERP導入のメリット

ERPを導入するメリットについて解説します。ERPは、「ヒト・モノ・カネ・情報」という企業資源を一元管理できることが最大の特徴です。
また、一元管理することでスピーディな経営判断が可能になり、さらに内部統制の徹底によって経営者や社員の意識改革にもつながります。

Merit 01

企業内の情報を一元管理できる

EPRシステムを導入する最大のメリットは、企業経営に必要な情報を一元管理できることです。企業内のあらゆる情報を可視化できるので、経営分析や経営戦略を正確かつスピーディに行うことが可能です。

Merit 02

部門・業務間で情報連携できる

従来の基幹システム・業務システムでは難しかった業務・部門間での情報共有が実現でき、情報の整合性や精度も高くなり、情報のすり合わせや修正作業といった手間も削減できます。部門・業務関係なくデータを更新でき、連携がとりやすくなることがメリットです。また、同じデータを入力しなくてもよいので、手作業で行う作業が大幅に削減できます。

Merit 03

迅速な効率的な経営判断ができる

経営資源を統合することで管理業務が軽減され、従来であれば部門・業務間で確認していた情報がどこからでも閲覧・編集可能になります。多くのERPシステムは、売上や利益、生産に関わる工数やコスト、財務状況の分析、仕入れた在庫の情報、人事情報などをリアルタイムで把握できます。そのため、経営判断がスムーズになるというメリットがあります。

Merit 04

本業に集中できるので生産性が上がる

経営資源を一元管理することで、システムメンテナンスや更新などの手間も削減できます。また、必要な情報をそれぞれのシステムで確認する必要もなくなり、経営資源の状況を一目で把握できるため無駄を削減できます。結果としてバックオフィスや情報システム部門の負担も軽減でき、余ったリソースを販売活動や営業活動に振り分けられ、企業全体の生産性向上も望めます。

おすすめのERP

おすすめのERPツールとして、導入しやすいクラウド型ERP
「Microsoft Dynamics 365」「SAP Business ByDesign」「Oracle NetSuite」をご紹介。

01

Soft Wear

Microsoft Dynamics 365

Microsoft Dynamics 365は、マイクロソフト社が提供するERP/CRMです。ニーズによって「for Marketing(マーケティング)」「for Sales(営業支援/CRM)」など、さまざまなアプリケーションが用意されていますが、その中でもグローバル対応の中堅・中小企業向けのクラウドERPが「Microsoft Dynamics 365 Business Central」です。マイクロソフト製ということで、各種officeソフトとスムーズに連携できることが魅力です。

02

Soft Wear

SAP Business ByDesign

代表的なERPシステムのひとつ。財務や販売から製品管理、購買まで対応したクラウド型ERPです。多言語・他通貨対応はもちろん、世界の商習慣・法令対応しており、グローバルな展開を考える企業にもおすすめです。SAPのERPには、AIや機械学習を組み込んだ「SAP S/4HANA Clud」、中堅企業向けの「SAP Business ByDesign」、子会社における管理・統制に最適な「SAP Busuness One」の3種類があります。

03

Soft Wear

Oracle NetSuite

データベース大手のOracleが提供するクラウド型ERPシステムです。特徴は、人事管理・財務会計などのERP機能のほか、顧客管理(CRM)やEコマースに対応していることです。そのためバックオフィスやフロント業務の効率化だけではなく、営業や受注、発送、請求書、サポートまで一連の業務をシームレスに連携したいといった場合におすすめです。もちろん多言語や多通貨、各国向けの税務レポートなど、海外展開時にも力を発揮します。

導入難易度 導入コスト 運用・保守 使い勝手 モジュール
ラインナップ
Microsoft Dynamics 365
SAP Business ByDesign
Oracle NetSuite

ERPツール5つの選定ポイント

今回は代表的な3種類を紹介していますが、海外製・国産も含め、さまざまなERPシステムが販売されています。そのため、どれを選べばよいのか悩んでしまう経営者様・管理部門の皆様も多いでしょう。そこで製品を比較する際にチェックすべきポイントを「5つ」にまとめました。

01

導入目的を明確にする

選定する際に、まずはERPシステムを導入する目的を明確にしましょう。「各部門の受注確認や製造スケジュールなどの管理をしたい」「販売管理システムと経理システムを統合してスムーズに営業活動を行いたい」「グローバル展開に向けて各国の拠点と共通のシステムを導入したい」「既存のシステムや資料に手を加えずERPを導入したい」など、目的を洗い出しましょう。

02

オンプレミス型か、クラウド型か?

EPRシステムは、大きく分けて「オンプレミス型」と「クラウド型」という2種類があります。オンプレミス型は、自社でサーバやネットワーク機器などを用意し、管理するERPシステムです。業務や事業形態に合わせて自由の設計ができる反面、初期投資や維持費が高いという課題があります。また、自社でサーバを管理するため、メンテナンスやセキュリティ対策なども必要です。

一方で最近増えているのがクラウド型です。クラウド型は、インターネットを介して利用するので、自社でサーバやネットワークなどの環境構築が不要です。そのため初期費用も抑えられ、導入の手間も最小限で済みます。また、業務拡大や部署変更に合わせてユーザーを追加もしやすく、リモートワークで外部から接続しやすいといったメリットもあります。

オンプレミス型、クラウド型ともにメリット・デメリットがあるので、企業規模や業務内容、予算や導入までの時間なども考慮して検討しましょう。また、近年はクラウドERPシステムでも日々機能のアップデートが実施され、よほど特殊な商習慣でない限り、ほぼ対応できるようになっています。Microsoft Dynamics 365 Business Centralもさまざまな機能やアプリケーションが用意され、既存のofficeソフトとの連携にも優れているので、柔軟性も高くなっています。

03

追加開発やカスタマイズの必要性を考慮

既存の基幹システムや業務システムに対応しているか、また特殊な商習慣に対応しているか、パッケージのままで使えるのか、カスタマイズが必要なのか、事前に検討しましょう。
ERPシステムは、長期にわたって使用するものなので、業態変化に合わせて追加開発が必要になる場合もあります。このあたりは、ERPシステムはもちろんですが、導入するベンターによっても得意な開発や業界などがありますので、相談することをおすすめします。

04

トライアルで使いやすさを確認

ERPシステムは、膨大なデータを一元管理し、生産性向上を図るものです。そこで使いやすさは非常に重要な項目です。せっかくERPを導入しても使いにくければ、生産性の低下につながります。
そこで事前に無料トライアルやデモなどを活用し、使いやすさを確認しておきましょう。特にERPは会社全体・スタッフ全員に関わるものなので、経営層だけではなく、各部門で事前に使ってもらうことも大切です。

05

導入後のサポート体制も確認

ERPシステムは、長期にわたって使うものなので、導入後のサポート体制にも注意が必要です。日本語でのサポートに対応していることはもちろんですが、将来的に海外展開する場合にグローバル対応可能か、メーカーやベンターのサポート体制は万全か、しっかりと確認しておきましょう。

WINGSのERP開発

各業界のERP専門スタッフが対応

株式会社WINGSは、大企業のお客様を中心に戦略コンサルティングやベンチャー企業のお客様を中心にスタートアップ支援など、テクノロジーを活用したシステム開発を行っている会社です。


システム開発においては、サービスサイトのような単純なものから、業務に関わる基幹システムまで幅広く対応、人材系企業の業務を一からプロセス化し、基幹システムを作り上げた実績もあります。持前のコンサルティング力を活かして、お客様の業務課題や内容を紐解き、業務プロセスを描いたうえで開発を行います。


ERPシステム導入支援サービスについても「Microsoft Dynamics 365 Business Central」を中心にお客様の業種・業態に合わせて最適な方法をご提案します。案件に応じて業界に精通したスペシャルチームを作り、それぞれの業界特注の商習慣も考慮してERPシステムを設計させていただきますので、お気軽にご相談ください。

開発の流れ

STEP.1

ヒアリング

STEP.2

提案

STEP.3

開発

STEP.4

納品

STEP.5

運用支援

開発コスト簡単無料相談・無料お見積り

トップへ戻る